開催スケジュール

2021年4月12日(月)、5月13日(木)、6月15日(火)、7月15日(木)、8月23日(月)、9月14日(火)、10月15日(金)、11月15日(月)、12月15日(水)
※いずれも18:30~21:00となります。
※リアル参加@横浜オフィス、オンライン参加@Zoomのいずれかをお選びいただけます。
※1回限り無料でオブザーバー参加いただけます。

経営者のこんな悩みを解決します!

「目標を立てても、ついあきらめたり、途中で飽きたりしてしまう
「何となく目標はあるけど、いつも未達に終わってしまう」
「社長ばかりが頑張っていて、なかなか社員が本気になってくれない
「稼ぐことばかり考えてきたけど、何のために頑張っているのか疑問に感じてきた」
「自分に適切な目標の立て方が分からない。」
「目標が抽象的で達成までのアクションプランが立てられない
「優秀な社員ほど、すぐに会社を辞めてしまう」
「どうすれば、もっと優秀な社員を採用できるか?」
「やるべきことを決めても、すぐに別のことを優先してしまう
何から優先して取り組んだらいいかが分からない」
一生懸命に経営をする仲間と意見交換をしたい」
「優秀な社員ほど、すぐに会社を辞めてしまう」
「どうすれば、もっと優秀な社員を採用できるか?」

勉強会の目的

ようこそ、ストレッチゾーンへ!

日本だけでなく、中国、台湾、タイなどアジア各国でも翻訳出版されている「目標達成の全技術」(日本実業出版社)の著者が、あなたの会社を目標達成に導きます。

なかなか目標通りに経営を伸ばすことができず、悩まれる経営者が少なくありません。
この勉強会でお伝えしているのは、目標の設定と計画の立て方には誰にでもできるちょっとしたコツがある、ということです。
中でも大切なのは、「やることを決めて公言すること」「実行したかどうかをチェックしてもらうこと」の2つです。あたり前だと思われるかも知れませんが、これを実践している経営者はほとんどいません。
この勉強会に参加すれば、自然とこの2つの習慣を身につけ、会社を成長に導く事ができます。

そして、もう一つ大事なことを。
目標達成は会社を成長させる手段にすぎず、目的ではありません。
「もっと高いところにいけるのではないか」「そのためにどんなことができるかな?」と無限の可能性を感じ、次のチャレンジをすることこそが、毎日の仕事を充実させるエネルギーになります。経営者の心がチャレンジをしていないとつまらないという「ストレッチゾーン」に入るお手伝いをすることこそが、目標達成勉強会の究極の目的なのです。

勉強会の進め方

理念を深める月
(奇数月)
【1】
教材の輪読
「なぜ頑張れる人と諦めてしまう人がいるのか」「社員はどんなときに頑張ろうと思うのか」「良い人材を採用できる会社の取り組み」「伸びている会社の共通点」など、参加者に合わせたテーマに沿って講師が教材を決め、参加者で輪読します。
(これまでに取り上げた参考図書の例)
「京セラフィロソフィ」(稲盛和夫)、「経営者の教科書」(小宮一慶)、「経営計画は利益を最初に決めなさい!」(古田土満)、「リーダーのための経営心理学」(藤田耕司)など
【2】
感想や意見の発表

毎回のテーマに沿った教材を読んだ感想や各自の意見を発表します。自分の意見を整理して発表することはもちろん、同じ文章を読んだ他の経営者がどのような感想や意見を持ったかを聞くことで、より深い学びを得ることができます。

【3】
意見交換、講師のコメント
簡単な飲み物とつまみを用意して、参加者同士の意見交換をします。経営者は日々課題を抱え、迷ったり悩んだりして孤独なものですが、この勉強会には、同じように悩みながらも経営を伸ばそうと努力する仲間がたくさんいます。参加者同士のコミュニケーションが成長意欲を高め、「自分も頑張ろう」というモチベーションになります
【4】
講師への相談
勉強会開始前30分(18:00~18:30)または勉強会中の時間を使って、講師に経営の相談ができます。経営、法律、会計に通じる講師が皆様のお悩みを解決します。
【5】
欠席の場合のフォロー
勉強会には毎回ご参加いただくのが理想ですが、スケジュールが合わないなどの理由で欠席された場合には、参考図書の該当部分とともに、講師からコメントやアドバイスを差し上げるなどしてフォロー致します。
【3】
意見交換、講師のコメント
簡単な飲み物とつまみを用意して、参加者同士の意見交換をします。経営者は日々課題を抱え、迷ったり悩んだりして孤独なものですが、この勉強会には、同じように悩みながらも経営を伸ばそうと努力する仲間がたくさんいます。参加者同士のコミュニケーションが成長意欲を高め、「自分も頑張ろう」というモチベーションになります
PDCAを回す月
(偶数月)
【1】
メンバーによる経営体験発表
毎回1名のメンバーから経営の取り組みや悩みの発表をいただき、リアルな実例を題材にして意見交換をします。ここでは参加者全員が発表者の社外取締役です。
【2】
これから60日間のアクションプラン宣言
達成に向けてどのような行動を取るかを決めても、これを公言しないと、ついつい面倒くさくなってしまったり、他のことを優先してしまったりして結局予定通りに実行しない事があります。これが目標達成をはばむ最大の原因です。
目標達成勉強会では、これから60日間で実行すべきアクションプランを必ず紙に書き、なおかつ声に出して宣言します。このことで「言ったからにはやらないと」「実行しないと格好悪い」という気持ちから、達成への執念が生まれます。目標達成勉強会最大の特徴です。
【3】
これまで60日間で実行したことの振り返り
行動の計画を立てても、それを振り返るくせがつかなければ意味がありません。勉強会では、60日前に立てた行動計画を実行したかどうかを、毎回メンバーに報告しあいます。計画倒れで終わる会社のほとんどは、この実行のチェックをおろそかにしてしまっています。この取り組みがあるからこそ、経営者の本気度が上がり、会社が成長し続ける好循環に入っていくことができる、この勉強会最大の特徴です。
【4】
講師への相談
勉強会開始前30分(18:00~18:30)または勉強会中の時間を使って、講師に経営の相談ができます。経営、法律、会計に通じる講師が皆様のお悩みを解決します。
【5】
欠席の場合のフォロー
勉強会には毎回ご参加いただくのが理想ですが、スケジュールが合わないなどの理由で欠席された場合には、有言実行シートのオンラインによる提出をいただき、講師からコメントやアドバイスを差し上げるなどしてフォロー致します。
【3】
これまで60日間で実行したことの振り返り
行動の計画を立てても、それを振り返るくせがつかなければ意味がありません。勉強会では、60日前に立てた行動計画を実行したかどうかを、毎回メンバーに報告しあいます。計画倒れで終わる会社のほとんどは、この実行のチェックをおろそかにしてしまっています。この取り組みがあるからこそ、経営者の本気度が上がり、会社が成長し続ける好循環に入っていくことができる、この勉強会最大の特徴です。

ファシリテーター

三谷 淳(みたに じゅん)
未来創造グループ 代表(弁護士・税理士)
ゴールから逆算する勉強法で慶應義塾大学法学部在学3年時に当時合格率2%の最難関国家試験である司法試験に最年少合格する。弁護士登録後は、裁判にならない交渉術や紛争予防法を研究し、その紛争予防スタイルから「日本一裁判しない弁護士」と呼ばれ、企業経営者からも絶大な支持を受ける。
京セラ創業者稲盛和夫から盛和塾にて直々に経営哲学を学ぶことが転機となり、日本をリードする多数の経営者の目標設定や実践方法を目の当たりにする。また、団塊ジュニア世代の中小企業経営者が時代の日本をリードするとの信念のもと、2010年に同世代経営者勉強会【S70’s】を立ち上げ、そのうち7社が新規上場を果たす。
2001年~2012年に母校の慶應義塾大学法学部、法科大学院で講師を務める。その他、講演歴としてSMBCコンサルティング、浜銀総研、立命館大学など、著書に「伸びてる会社の意外な共通点」(合同フォレスト)「目標達成の全技術」(日本実業出版社)など、執筆歴として東洋経済オンライン、致知、ビジネスロー・ジャーナルなど多数。
2017年税理士登録。2018年未来創造コンサルティング立ち上げ。

勉強会会場・アクセス

未来創造コンサルティング(横浜オフィス)

住所 横浜市西区北幸1-11-15 横浜STビル7階
TEL 045-624-8818
交通アクセス 横浜駅西口徒歩4分

※参加者多数の場合、近隣の会議室に会場を変更することがあります。その際は個別にご連絡致します。
交通アクセス 横浜駅西口徒歩4分

目標達成勉強会 参加申込

2021年の開催日は、
4月12日(月)、5月13日(木)、6月12日(火)、7月15日(木)、8月23日(月)、9月14日(火)、10月15日(金)、11月15日(月)、12月15日(水)となります。
※いずれも18:30~21:00となります。
※1回限り無料でオブザーバー参加いただけます。
※申し込み後、キャンセルされる方は必ず前日までにご連絡ください。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
お申し込み

中小企業が経営を伸ばすということは、日本を救うということだ!